Biography 

Masako Awaji

Masako Awaji is a prizewinning keyboardist that enjoys an international performing career. Originally from Japan, she is currently based in the Netherlands. She received her bachelor’s (2017) and master’s (2020) degrees from the Royal Conservatoire The Hague where she studied the harpsichord with Jacques Ogg, Kris Verhelst, Siebe Henstra, and Pieter-Jan Belder, basso continuo and historical improvisation with Patrick Ayrton, and the fortepiano with Bart van Oort and Petra Somlai. Currently, she studies the harpsichord and fortepiano with Richard Egarr as a contract student. In March 2017, she participated in the Gianni Gambi International Harpsichord Competition in Italy where she won third prize. She participated in the First International Basso Continuo and Partimento Realization Competition in Poland where she won the special concert prize in January 2019. In May 2019, she won the first prize at La Stravaganza First International Harpsichord Competition in Romania. She was chosen as a member of the Young Bach Fellowship program of the Netherlands Bach Society in March 2019, with whom she has been participating in concert projects since 2020.

 

淡路昌仔

六歳からピアノを始め、桐朋学園女子高等学校音楽部門に入学、ピアノを高木茉莉、岡本美智子、作曲を金子仁美の各氏に師事する。高校在学中に古楽に強い関心を持ち、チェンバロ専攻へ転向。桐朋学園音楽部門では、チェンバロを有田千代子に師事。大学卒業後、渡邊順生に師事した。

​2014年オランダのデン・ハーグ王立音楽院に留学し、チェンバロをジャック・オッホ、クリス・ヴェルヘルスト、シーベ・ヘンストラ、ピーターヤン・ベルダー、リチャード・イガー、即興演奏と室内楽をパトリック・エルトン、フォルテピアノをバート・ファン・オールト、ペトラ・ショムライ、リチャード・イガーの各氏に師事した。その他、ケネス・ワイス、クリストフ・ルセ、アンドレアス・シュタイヤー、スキップ・センぺのマスタークラスを受ける。

2020年チェンバロ、フォルテピアノの修士課程を首席で卒業。

2017年3月、イタリア、ペーザロで行われた第16回ジャンニ・ガンビ国際チェンバロコンクール第三位受賞。2018年9月、フランス、ルーアンで行われた第一回国際バロックコンクールチェンバロ部門において、日本人初のファイナリストに選出。

2019年1月、ポーランド、カトヴィッチェで行われた、第一回通奏低音、即興演奏国際コンクールで特別賞を受賞。同年5月、ルーマニア、クルージュ=ナポカで行われた、第一回国際チェンバロコンクールで第一位を受賞し優勝を果たす。

2019年より、オランダバッハ協会の若手演奏家グループ、ヤングバッハフェロウのメンバーとして選出。2020年よりオランダバッハ協会と演奏活動を開始。

​日本チェンバロ協会会員

 

Bach Vereniging Fellows - 2019-09-09 16.06.34 - DSC06532 -   Milagro Elstak.jpg